外壁リフォーム①

みなさん、こんにちは。
本日は、外壁のリフォームについての投稿をしていきたいと思います。

一般的な住宅で多く使われているサイディングですと、製品自体の寿命は30~40年程度と言われていますが、実際には目地部のシーリング材の劣化やサイディング表面の塗装に劣化が現れるので、10年程度を目安に塗装等のメンテナンスが必要になってきます。

細かな劣化の症状として・・・
114-e1494574012796
シーリング・・・徐々に弾力性が失われ、細かなヒビや肉痩せ・破断等の劣化が見られるようになります。シーリングの寿命は、約7年~10年と言われますが、紫外線や雨などの条件により早期にそのような症状が現れることもあります。
213
サイディング・・・表面の塗装が劣化すると、色あせや塗膜の剥がれ・チョーキング現象等の症状が現れます。劣化が進行するとサイディング自体が水を吸い、吸水と乾燥を繰り返すうちに反りや浮きが発生し、外壁の貼り替えの必要性も出てきます。
上記のような症状が出ましたらメンテナンス(塗装等)をされることが必要です。メンテナンスを怠るほど製品自体の劣化は早くに進むので、雨漏りのリスクを減らすためにも細かなメンテナンスをしておくと安心です。