ZEH ビルダーマーク

今回は、ZEHに関する投稿をしていきたいと思います。

まず、ZEH(ゼッチ)とはゼロ・エネルギー・ハウスの略称なのですが、簡単に説明すると住宅の断熱性と設備機器の省エネ性能をあげ、同時に太陽光発電などでエネルギーをつくることで、その住まいのエネルギー収支をゼロまたはプラスにする住宅のことです。

一言で説明すると、「使うエネルギー」 < 「創るエネルギー」というイメージです。


ZEHの家を普及させるために、2012年から国は補助金を出して促進させており、政府の目標として「2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指す」としています。

今年度からのZEHの補助金を申請を行なうにあたり、ビルダー登録がされている事業者が設計・施工等に携わる必要があるのですが、那珂ハウジングでもすでにビルダー登録を済ませており、意欲的にZEH住宅の件数を増やそうと試みています。今月より、ビルダーマークの配布もされまして、下記の画像が那珂ハウジングのビルダーマークとなっております。

ビルダーマーク
ZEHの補助金に関して・・・今年度(平成28年度)は、北海道以外の地域では1戸あたり125万もの補助金額が出ており、3月20日頃までの公募を目安に追加予算の方も出ている状況です。

更に来年度(平成29年度)は、公募期間5月~8月までの物件を対象に1戸あたり75万円の補助金を予定しており、補助件数としては約9,700件を想定しているとのことなので、1戸当たりの補助金額は減るものの補助件数は遥かに増やそうとしていることから、政府のZEHを推進していく気持ちが伺えます。

補助金の有無に関わらず、ZEH住宅を建てることは住まい手にとっても大きなメリットを秘めているのですが、そちらについては今後のブログにて投稿していきたいと思います。

那珂ハウジングでも積極的にZEH住宅を推進していますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい!