フローリングの色

みなさんこんにちは。

本日は、室内のフローリング色の選び方によって、どのようなメリットやデメリットが発生するのかについて投稿していきたいと思います。

分かりやすく説明をするため、白いフローリングと黒いフローリングの相反する2色の傾向を説明していきます。

RGNR-CZB

 

まず、部屋の見え方としては、白いフローリングを使うと光を反射してくれるので部屋内がとても明るく感じられるのに対し、黒いフローリングを使用すると部屋が落ち着いて見るので和モダンの雰囲気を作り出すことも可能です。視覚的に床の色が部屋の雰囲気を占める割合はかなり多いので、部屋のテイストをどのように演出したいのかによって使い分けるのに非常に重要な部分となります。

また、白黒の床ならではの特徴として、白いフローリングはホコリが目立たなく、逆に髪の毛や家具を引きずった場合の黒い傷や汚れ等は目につきやすく、黒いフローリングは正反対に効果が働きます。
どちらのフローリングを使用するのにも、こまめな清掃が必要ですね・・・

A6461602_0043

 

単色でなく、木目の入った商品を選ぶことで、上記のようなデメリットが目立たなく感じられるので、必要に応じて選ばれることをオススメします。
(ナチュラル色の床材であれば、白黒のように極端に傷・汚れは目立ちませんが、素材感が強く出るのでグレードによる見栄えには注意が必要です)

カタログやネット画像からだけでは伝わらないことも多いので、実生活で後悔のないような商品選定が大事ですね。
新築をご検討の方に、少しでもタメになって頂けたら幸いです。。。