トップライト

今日は、サッシ関連に続いて・・・
「トップライト」について投稿したいと思います

トップライトの検討にあたって、採光が得にくい建物の配置のお宅であったり北側の部屋の明るさを確保するために、トップライトを検討している方やまた勧められている方は多いかと思います
また、天窓の採光性は建築基準法でも、通常の壁面の窓に比べて3倍の採光効果があると定められていますし、日中は照明がいらないくらいに部屋全体が明るく感じられるメリットがあります

ただ、その他にも多くのメリットもあり、デメリットも存在します
今回はトップライトのメリットについてご説明したいと思います

まず第一に「採光面」ですが、先ほども記述したように十分な採光を得ることができ、昼間のほとんどの時間帯で一定の自然光を取り入れることができます。更に、Low-Eガラスにしたりブラインドによって採光量を調整することにより、効果的に光を採り入れながらも余分な熱をカットしてくれます。

また、「通風と換気の効果」も得ることができます。通常の壁面の窓だけで空気の通り道を作るよりも、天窓を組み合わせることにより4倍の通気量を確保でき、さらに夏の暑い時期なら天井付近にこもった熱気の排出も行えます。これにより夏場のエアコンの使用も抑えることができるので省エネ効果を得られます。

そして「プライバシーの確保と防犯の効果」にもメリットがあります。壁面の窓のように、隣地を気にせず設置できたり開け閉めも可能です。不審者が侵入する心配も少ないです。

上記が天窓を設ける際の主なメリットです
次回はデメリットについて触れていきたいと思います

 
*********************************************************
那珂ハウジングは那珂市を中心としてひたちなか市、水戸市など
県内全域で土地・建売・中古物件の仲介売買、注文住宅の建築等の
業務を主とし、相続や不動産売却のご相談も承っております。

不動産のことなら、那珂ハウジング!

メールでお問合せの方はこちら↓
info@naka-h.co.jp

〒311-0110 茨城県那珂市竹ノ内2丁目11-4
TEL:029-295-5611
FAX:029-295-5613
*********************************************************