キッチン水栓

キッチンの投稿に続き・・・
今回は「キッチンの水栓」について投稿していきたいと思います

水栓と一口に言えども、機能性やデザイン性、国産品か輸入品にするか等々・・・そのバリエーションは多岐に渡ります
下記に簡単な内容で載せさせて頂きましたので、ご参考にして頂ければと思います

以前に使用されていました2バルブの混合水栓(お湯と水のハンドルが別なもの)はほとんど見かけることがなくなり、一つのレバーハンドルで湯水の混合・湯量の調節が可能な「シングルレバー水栓」が当たり前になっているのは日常で感じられているかと思います

また、キッチンに欠かせない機能としては、シンクの隅々まで洗い流すことができるハンドシャワー付きのもの


更には、浄水器をつけられる方も多くなってきました。浄水器専用の水栓を取り付ける場合と浄水器を内蔵した一体式の水栓を用いたものがあります。水道水には塩素が含まれているので、なるべくであれば調理や飲用の為にもおいしい水にしていきたいですよね

 

そして、機能的・デザイン的に人気となっているのが「タッチレス水栓」です。センサーに手をかざすだけで吐水・止水の操作が可能になっています。デザインも多くがグースネックスタイルとなっており、奥まで手を伸ばさずに操作ができ、また懐が深くなるのでシンクが広々と使え大きな調理器具を洗えるという利点があります。

 

水栓のデザインが変わるだけでも、キッチンが華々しく見えますよね
キッチン検討の際は、水栓にも目を配ってみて下さい