船井幸雄氏の言葉

こんにちは、あんころ姉です。

入社式の時期はとうに過ぎましたが、下記メールを目にしましたので掲載させていただきます。

船井幸雄氏が7年前の船井総研の入社式で、新入社員に送った言葉です。

■人間の役割とは?

 人間とは『長所を伸ばして世のため人のために尽くす』為に生まれてきた
 人間の長所とは、"知的能力に秀でている"ことである。
 知的能力には、「知識」、「知恵」、「直観力」の3つがある。

  1)知識 ⇒ 百聞は一見に如かず(人から聞くより自分で見るが良し)
         百聞の"聞"は知識レベルであるといえる

  2)知恵 ⇒ 一見は一験に如かず(自分で見るより経験するが良し)
         一見の"見"を応用していくことがルール化であり知恵

  3)直観力⇒ 経験を命がけですると磨かれていく
         相談相手と一体化して命がけの経験をしないとダメ


■新たな仲間にお願いしたいこと

 正しい哲学を持って欲しい。
 "自分のため、世のため、人のため"に尽くして欲しい。
 はじめは"自分のため"で構わない。自分のために尽くして欲しい。
 40代になると、"自分のため"がどんどん減ってくる。
 (40代になって"自分のため"が多い人は程度が低い)
 大志を持って欲しい。仕事には命がけであたって欲しい。

自分に問いかけてみました。
「人生折り返しを過ぎて、半分以上、人の為に尽くしているか?」と。