ダメ!薬物、データ改ざん①

みなさん、こんにちは。

ブログ3日目、未だにゴーストライターは雇っておりません

本日は巷を騒がせているA化成さんの杭打ちデータ改ざんに関連しました お話にします。

データ改ざんの主な建物はマンションや公共施設などと みなさんもご存じの事ですが当然、住宅にも杭打ち工事はございます。 お家を建てたら傾いてしまったら大問題です。その為に基礎工事を開始する前 にお家の建つ場所に地盤調査をおこないます。

弊社での地盤測定の方法は主にSWS試験、SDS試験を併用した検査方法でおこ なっております。以上です。

えっ何それとツッコんでくださいね。

SWS試験とは(スウェーデン式サウンディング調査)の略称で多くの木造住宅 で採用されている試験です。先端がキリ状の器具に荷重を掛けて地盤の強さ N値を推定する方法となります。多くの木造住宅で採用されている理由としま しては値段が比較的安価で済むのと作業スペースが狭くても大丈夫という理由 からです。

今、騒がれている改ざん話の建物は重みが住宅とは比較にならない大規模の 物なのでその際には、より精度の高いボーリング調査と言う方法をおこなって います。

反面、広い敷地や必要だったり費用も掛かりますので住宅ではまず見る機 会はございません。

ボーリング調査は地盤の深い場所の土質をサンプリングするので強い土質 なのか弱い土質なのかと見分ける事が出来ます。

じゃあ、住宅の地盤調査でも 地質を調べればとつくられたのがSDS試験(スクリュードラバーサウンディン グ試験)でSWS試験を改良しボーリング調査に近く、土質までも調査できるようになりました。

長くなってしまい文才がない私は話を締める事が出来なくなってきましたので端的に申し上げますと 弊社は地盤調査にも気をつかい、しっかりやってますと言う事です。

では、明日はタイトルの杭打ちデータ改ざんの杭工事の話に進みます。 ご清聴ありがとうございました。。。*********************************************************
那珂ハウジングは那珂市を中心としてひたちなか市、水戸市など
県内全域で土地・建物の売買、建売・中古・注文住宅の建築等の
業務を主とし、相続や不動産売却のご相談も承っております。

不動産のことなら、那珂ハウジング!

メールでお問合せの方はこちら↓
info@naka-h.co.jp

〒311-0110 茨城県那珂市竹ノ内2丁目11-4
TEL:029-295-5611
FAX:029-295-5613
*********************************************************