電子レシート

東京は町田市の飲食店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどが協力し、電子レシートシステムを導入する検証実験を2月13日からはじめました。今まで買い物の内容を紙のレシートで渡していたものを、アプリをインストールしたスマホに"データ”で提供するものです。
購入者はデータで明細をもらえるので、家計簿や購買履歴等の活用ができる他、店舗も売れ筋商品の把握など様々な面でデータを生かせそうです。
怖いのは、やはりデータの流出でしょう。プライバシーの問題もありますから慎重に扱ってもらいたいですね。
スマホによるデータ管理がますます加速しそうです。紛失には今まで以上の注意が必要ですね。