レディース・アンド・ジェントルメン

 イギリス、ロンドンの公共交通機関では放送で乗客に呼びかける際に「レディース・アンド・ジェントルメン」と述べることを禁止したそうです。
代わりに「皆さま、お早うございます」などの英語が用いられる予定とのこと。
一部の性的少数者の活動家が、ロンドン市長に「古びた」呼びかけを止めるよう求めた結果だそうです。
そういえば一時期、ミスとミセズの論争もありましたね。
諸外国は有事の際、デモ行進などすぐに行動に移す点は感心しますが、公共の場でのこういった言い回しにも差別意識を認めて取り入れるとは驚きです。
その内、会話の言葉にも気を配るようになりそうで心配です。