茨城県の気温

気になったデータがありました。
水戸地方気象台によると、茨城県の気温は長期的に上昇しているとのことです。
市化によるこの変化には、地球温暖化に加えて、ヒートアイランド現象の影響も現れているとのこと。

年平均気温でみると、水戸市で100年あたり1.3°C、つくば市で100年あたり2.1°C上昇しているそうです!
地球温暖化に加えて、都市化による建物・道路の影響やその他の自然変動の影響も含まれていると考えられますよね。
加えて驚きなのが、今後の100年で真夏日日数が年間で約30日増加し、冬日日数が年間で約30日減少するというのです。(気象庁のスーパーコンピュータ予測)

21世紀末の日本の平均気温は、さらに上昇すると予想されています。
やはり地球温暖化は進行中なんです。世界中で騒がなければ変わりませんからね。