『Googleマップ』のインドアマップ

地図ソフトと言えば『Googleマップ』がメジャーで、道路や位置を確認するときに、よく使います。

その『Googleマップ』、知らない間に進化していたんですね。室内のマップって(正式には「インドアマップ」という名称)見たことなかったんですが、なんとスーパーの売り場まで細かく出てるんですよ!

地図を投稿することが可能で施設側が対応すれば表示できるようになっているとのこと。
イトーヨーカドーは、こだわって売り場の配置までアップロードしたとのことです。図書館などで本を探すときも意外と使えるというのも、いいですね。
もはや地図は屋外だけのものではないようです。