厄年について

男性の25歳と42歳・61歳、女性の19歳と33歳・37歳・61歳は本厄といわれ、厄除けのお祓いをすることが、一般的になっております。その意味を調べてみると、厄年の「厄」とは災厄の「厄」ではなく、役員の「役」、つまり一定の役割を果たすという意味での「厄」年だそうです。
年齢に応じて与えられた役割を果たすことができないといったことで、失敗してしまう考え方から来たものらしいです。この役割がきちんと果たせますようにとお参りをすることが、いつしか災いと見るような厄年の意味に変わっていったようです。期間は一般的には“立春から節分まで”なのだそうで、節分は厄除けの日でもあるんですね。

自身は該当の年齢の時は、特段何事もなかったかな、と思い起こしました。来たるべき61歳はどうでしょうか。
*********************************************************
那珂ハウジングは那珂市を中心としてひたちなか市、水戸市など
県内全域で土地・建売・中古物件の仲介売買、注文住宅の建築等の
業務を主とし、相続や不動産売却のご相談も承っております。

不動産のことなら、那珂ハウジング!

メールでお問合せの方はこちら↓
info@naka-h.co.jp

〒311-0110 茨城県那珂市竹ノ内2丁目11-4
TEL:029-295-5611
FAX:029-295-5613
*********************************************************