小林茂孝さん、美由紀さんご夫妻

c57a41307b3e987a2ba9dde6e33c6247

MOON9995_01

MOON9942_02

遊び心があちこちに散りばめられた小林さんの家。
そんな小林さんの家づくりに対する思いや完成までの経緯。
たくさんのこだわりのポイントについてうかがいました。

家を建てようと思ったきっかけを教えてください

MOON9847_03
子供のため、が一番ですね。
上の子がこれから小学校にあがるので、その後に家を建てて引越しとなると、転校することになってしまってはかわいそうなので。
その前になんとか決めよう、ということが大きなキッカケでした。…実のところ、どうしても家を建てたい!というワケでは無かったんです(笑)

家ができるまでどのくらいかかりましたか?

たしか最初に那珂ハウジングへ訪れたのは6月くらいだったと思います。ですからほとんど1年ですね。あっという間に進んでいったという印象です。

那珂ハウジングを知ったきっかけは何ですか?

最初はひたちなか市の方で土地を探していたんです。
不動産屋さんも何件か回ったのですがなかなか良い所がなく…
実家がこの近くなのですが、そこに入る那珂ハウジングさんのチラシを見て、那珂市だったら後台と決めていたのですが
ちょうどいい土地もありこれは良いや、と。

でも、何故こんなに広いのにここまで安いのだろう?何かあるのでは?と思いまして…(笑)
それで聞きに行こう、という事になりました。那珂ハウジングで五島さんに出会い、詳しく説明をしてもらいました。

そうしたら、五島さんのほうから、こういった土地もありますよ、どうですか?ということで紹介してもらったのがこの土地です。
すばらしいところで、さすがだな、と思いましたね(笑)

色々と見た中でも那珂ハウジングを選んでいただいたのですね

そうですね。
那珂市で不動産と言えば那珂ハウジングは有名ですし、誰もが知っているでしょう、あれだけ大きな建物ですから(笑)

あとはやはりチラシですね、わざわざ実家から以前の自宅へ持って帰って見ていたくらいです。

設計についてはどのように進められましたか?

MOON9957_10
最初は、自分の中でもざっくりとしたイメージしかありませんでした。
それで、赤津設計士さんを五島さんに紹介してもらって、そのイメージを伝えました。
赤津設計士さんに色々と伝えていくと、いつも的確に返ってくるんです。だから早かったのかもしれません。

もっと時間がかかるものかな、と思っていたのですが、私達のイメージを汲み取ってくれるのでとても早かったですね。

設計段階で、ご要望としてはどんなものがありましたか?

実は最初、中庭は無かったんですよ。
今の人って「いかに住みやすいか」とか「いかに効率よく」とか「安く」とか…。
そういうことじゃないと僕は思ったんです。楽しく住みたいし打合せだって楽しくやりたい
といったところで「遊び」を多く取り入れようと思いました。

それで最初の段階では無かったのですが、打ち合わせしていくなかで大きな要望として「ここに中庭を入れたい」と。
リビングの傾斜天井もそうですね。最初は無かったのですが、途中でお願いしました。

バリテイストという部分も、途中から入れたのですか?

MOON9907_05
それは初めから考えていました。そういうテイストで、とお願いしていました。

担当営業 五島:こちら側も小林様のご要望が明確だったので、それを表現しやすかった、というのはありますね。

ですから、赤津設計士さんも図面がとても作りやすかった、と話していました。
明確なご要望があるからこそ、赤津設計士さんとのインスピレーションが合って、早く進んでいったのだと思います。

建築が始まってからは現場には行かれましたか?

現場へ行くのは大好きでしたね。本当に。休みの度に来ていました。居すぎたくらいです(笑)
監督さんにも恵まれたと思っています。もちろん皆さん良い方なのだろうと思いますが、
そういったこともあり、遊びに行くような感覚でした。

家の様子見に行かなきゃな・・・というのではなく、明日は見に行ける!という感じです(笑)
他のなにより最優先に行きたかったくらいの感覚です。

大工さんもとても話しやすく、那珂ハウジングで来られる方は「こんにちは!」というような感じで。
大工さんというと、もっと無愛想なイメージをもっていましたが、みなさんとても明るくて。
小林さん、どうも!といった感じで接していただいて、とても楽しかったですね。

不安に感じられた所などはありましたか?

MOON9939_07-e1474272015692
ないですね・・・逆にこんなに金物をたくさん入れるんだなと。
とてもたくさん入れていて、大工さんに「この仕事は大変なんだよ〜」と話を聞いたことを覚えています。(笑)

現場も綺麗ですよね。来たときに、物があちこちに散らばっていないですし。

五:そうなんです、それも会社の特徴として、お客様にきれいな状態で現場をご覧いただこうという事で。

あと、たばこもそうですよね?吸われる方は必ず車の中で喫煙されていて

五:そうですね。現場を綺麗にすることもそうですが、室内で飲食はしない、これは徹底しています。

ある程度進んだ時に、室内のところで「休みましょう、タバコも吸っていいですよ」と言ったのですが、大工さんの方から断られてしまって、素晴らしいなと思いました。
それも印象的でしたね。

それでは、特別ご不安もなく進んでいったのですね

嘘のような話ですが本当なんですよ(笑)

ある程度家が出来上がってきてから感じたところはありましたか?

地縄の段階では、とても狭く感じられて、どうしようと思いました。
「みなさんそう言われますよ。建てば広く感じますよ」と言っていただいて
実際にある程度出来上がってみると広く感じられたので安心しましたね。

あと、監督の瀧田さんから毎回メールが送られてくるので、すごくありがたいんですよ。
仕事柄、夕方に様子を見に来れる仕事ではないので、今日はこういう風になっています、というのが分かりやすくて。
みなさん言っているとは思うんですが、これはいいですね。

今日はこういうことをやりました、今日はこういう状況になっています、など。

五:そうですね、メールが来ると現場に行かなくても現場の状況がわかるので安心するという事は皆様からも仰っていただけます。

完成した家で、こだわりの部分を教えてください

やはりまずは私の趣味の部屋を兼ねた中廊下ですかね、人がぱっと見てわかるのはやはり中廊下と、中庭だと思います。

五:あとはこのリビングの勾配天井ですよね。

そうですね、勾配天井で床は白と決めていました。
イメージ通りでしたよ。モダンリゾートといった感じで。

キッチンも本当は違っていたんですが、那珂ハウジングさんのご厚意でやっていただいて…

五:なかなかご希望のタイルが無かったんですよね。

そうなんです、なかなかなくて。最後駆け足で決める形になってしまって。
やっつけで選んでしまったものがあったのですが、それではおかしい、ということで…
それで今のものに変えたんですが、結果的に大正解でしたね。

他には階段を上がったところのスペースですね、ばーんと外が見える窓と棚をとりつけて
ゆっくりお酒を飲みたいな、と思っていたのですが…夜は見事に真っ暗でなにも見えませんでした笑
昼間は最高でしたよ。緑が綺麗で。
MOON9916_06

MOON9967_08

あとはやはり窓ですね、玄関を入った正面にも大きな窓を取り付けました。
まだ片付いていないのでやれていませんが、ゆくゆくは入ったときにもっと印象的になるようにしていきたいですね。
これについても赤津設計士さんと五島さんといろいろと話し合いました。ちょうどいい大きさにして頂いて。

初めは床のところまでの大きな窓にしようとしていたんですが、赤津設計士さんもこの高さの窓はあまりないと言っていたので
無いならばやってみようということで。

あとは4方向から中庭が見えるところですかね、身内はみんないらないでしょうと言うんですが笑

住まれてみて、那珂ハウジングの家はどうですか?

MOON9975_09
文句のつけようがないですね(笑)
ただ、まだ片付けきれていないので…住み始めてから日も浅いですし。
キッチンについては使いやすいのかなと思います。

美由紀さん:自分たちの意見が取り入れられているので、住んでいて満足感がありますね。汚れやすい水回りなどは掃除がし易い設計になっていてありがたいです。

最後に、担当営業の五島に点数を付けるとしたら・・・

アンケートにも書かせてもらったんですが…
それが物語っているということで…多くは語りません(笑)

(アンケート用紙には100点と書いていただきました)

みなさん同じことを言うと思うんです、低姿勢で、お客さんの事を考えてくれて…

後はとにかく楽しかったですね。全体を通して楽しかったです。

五島さんの方でもこういった家は作った事がないと言っていたので、じゃあ五島さんの為にも…という思いもありました(笑)
五島さんが選んでくれた中庭のタイル、みんな気がついて良いと言ってくれますよ(笑)