税金について

pixta_18703633_M
不動産の売却時には様々な税金が発生します。
ここでは一例として、売却する土地・建物が居住用である場合のご説明を致します。
あくまで概要のご説明ですので、詳細はお問合せ下さい。

所有期間が5年以下のケース

3000万円特別控除
この特別控除は、居住用財産の譲渡をした場合に、3000万円の特別控除が受けられるというもので、譲渡益から控除されます。
短期譲渡所得の税金 
所有期間が5年以下の場合、短期譲渡所得となりますので、所得税30%住民税9%、合計39%の税率となります。なお、平成25年より復興特別所得税として、所得税額の2.1%が別途掛かります。

所有期間が5年を超えるケース

3000万円特別控除
この特別控除は、居住用財産の譲渡をした場合に、3000万円の特別控除が受けられるというもので、譲渡益から控除されます。
長期譲渡所得の税金
所有期間が5年超の場合、長期譲渡所得となりますので、所得税15%住民税5%、合計20%の税率となります。なお、平成25年より復興特別所得税として、所得税額の2.1%が別途掛かります。
・2年前に相続によって取得した不動産だから短期譲渡所得なの?
・今は更地だけど去年までは居住用の居宅があった場合、3000万円特別控除は受けられるの?

など、ご不明な点などありましたらお問合せください。

上記の税金を含め、不動産売買では様々な費用や専門的な内容も多く、分かりにくい部分も多いかと思います。
不安な点や気になる点がありましたら、お気軽にお問い合わせください
pagetop