実質太陽光導入負担ゼロ (TEPCO スマートパートナーズ)

みなさんこんにちは。

ZEH住宅を新築するにあたって、太陽光の導入は必須であり費用も200万円程かかってしまうわけなのですが・・・
LIXILと東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)の合弁会社である「LIXIL TEPCO スマートパートナーズ」が、10月1日より行なうサービスで、指定の設備機器の購入と余剰電力の売電収入の譲渡を条件に、太陽光発電システムの購入費を実質0円にするという内容です。

まずは、スマートパートナーズから太陽光発電システムを割賦支払いで購入して設置。10年間、スマートパートナーズへ余剰電力の売電収入を譲渡する契約を結びます。スマートパートナーズは売電収入を得る代わりに、顧客の太陽光発電システムの割賦支払い額を割り引くこととなっております。11年目からは建て主が余剰電力の運用を自由にできる仕組みです。

詳細なプランは検討中ですが、発電量や指定のLIXIL製品採用率などで割引率が変わる予定です。条件にもよりますが、実質、建て主の負担が0円となるようです。

ZEH普及の壁となっている高額な太陽光システムの導入ですが、このようなサービスが問題無く利用できれば、実質負担金ゼロで月々の電気代も安く抑えられるので、今後の動向に注目です!