2018年度 ZEH施策

みなさんこんにちは。

以前のブログ投稿で、2018年度のZEHの動きについてのお話をさせて頂きましたが、本日はより具体的な施策についてのご紹介をしていきたいと思います。

前回の内容では、経済産業省・国土交通省・環境省の3省が協力的にZEH支援事業を行なっていく動きであるとの説明を致しました。
その中で、各3省が下記のような役割をもって取り組んでいくようです。
・経産省-従来のZEHよりもワンランク上のZEHである「上位ZEH」(仮称)の普及を進める。そして、そのための新たな制度を検討する。また、ZEHへの取り組みに頑張っている住宅会社を評価する制度を18年度に開始する。ZEHビルダーの登録制度は継続する予定。

・環境省は経産省からZEH普及の取り組みを引き継ぐ。補助金制度などを担当し、ZEHの普及率向上を促進する。経産省と協力して、建て主に対するZEHの認知度アップの役目も担う方針。

・国交省は主に、まだZEHをつくったことがなく、どうやってつくればよいか分からない中小工務店向けの対応を担う予定。ノウハウを伝え、実践してもらう方針。

このように3省が協力してZEH支援をしていく動きをみると・・・今後ますますZEHに関する知識を高めなければと思い知らされます・・・