住宅着工戸数 マイナス成長

みなさんこんにちは。

本日は、昨今の住宅業界の着工動向について投稿していきたいと思います。
国交省の統計データによりますと、2017年9月の住宅着工戸数が対前年同月比は2.9%減のようでして、3ケ月連続のマイナス成長の結果となっています。

住宅の種類別に見ると、持ち家は2万4883戸(対前年同月比2.7%減)、貸し家が3万7521戸(同2.3%減)と共に4カ月連続の減少・・・分譲住宅は2万202戸で、同5.3%減と大幅なマイナス成長に転じました・・・

那珂市近郊でも、着工棟数の現象が顕著に表れているようですので・・・
那珂市の発展の為にも、魅力あふれる企業であるように益々磨きをかけていきたいと思わせられます。