家づくりを楽しむための秘訣

みなさんこんにちは。

那珂市菅谷 東小学校学区内において、近日中に新たに建売住宅が着工される予定となっております!
後々、HPやポータルサイトにて詳細な情報が掲載されるかと思いますので、是非ご覧になって下さい。

本物件は、約97坪程の広々とした土地となっており広くお庭を持ちたい方にとってはオススメです!
間取りの方も、16帖のLDKが全面的に南側に向いており、たっぷりの日光が差し込みます。
約2帖のシューズクロークや贅沢な3.5帖のウォークインクローゼット等・・・収納も充実した 2階建て3LDK+和室の住宅です。

一番の見所は、2階の2室のこども部屋が、可動間仕切り収納で仕切られており、お子様の成長に合わせて2室を1室として広々と作り変えることが可能となっている点です!
  ↓下記イメージ画像(お子様の成長・生活スタイルに合わせてアレンジが可能です)
ウォールゼットムーヴ

ウォールゼットムーヴ
ウォールゼットムーヴ
その他の詳細については、また後程ご紹介していきますので、お楽しみにして下さい!
みなさんこんにちは。
昨日からの大雪で、今朝の通勤でかなり苦労をしましたね・・・

そんな中、那珂ハウジングで初めてZEH補助金の申請を致しましたI様邸にて、竣工後の抜き打ち現場検査が行われました。
この現場検査は、ほとんどの物件で行なわれることが無く稀に当たってしまう珍しいことのようでして、何十件と申請サポートをして頂いた業者様も初めてのことでした。

現場検査の方は、申請内容と現場で相違がないかを書類と家屋のチェックにて行われまして、90分程で完了・・・
無事に検査も終わり、不備なく、I様にご迷惑をお掛けすることも無くホッと致しました。。
みなさんこんにちは。
本日は、建売物件のご紹介をしていきたいと思います。

地天建売 間取り
地天建売 パース

上記画像は、那珂市菅谷内にて建築中の建売物件の間取り図&完成イメージパースです。

広々としたLDKと隣接して和室が広がっていて非常にゆったりとした空間になっていますので、使い勝手良く過ごしやすい環境を整えることが可能です。
寝室のウォークインクローゼットも広く、キッチン脇にはパントリーもあり、収納が充実しているのもオススメです!

工事の方も徐々に進んでいきますので、お気軽にお問合せ&ご見学下さい。
みなさんこんにちは。

那珂ハウジングにて那珂市上菅谷駅から徒歩5分圏内にて分譲売出し中であります、まなびの杜Ⅲ分譲地にて平屋の建売の計画をしております!
物件としては2LDK+ロフト(6帖)で延18.04坪・・・販売価格は、土地+建物で1,980万円!

平屋の建売は中々目にする機会はほとんどありませんが・・・最近では、子育て世代の平屋のニーズが高まっており、世帯人数によって求める大きさは違いますが、今回の物件は2LDKとコンパクトで尚且つ建売住宅として価格も大変お求めやすくなっております。

見どころは、リビングが広々と勾配天井となっており、それに連なって6帖のロフトが設けられております。

平屋に少しでも興味のある方、建築中でもいつでも見学ができますので、実際の広さを体験しながらご参考頂ければと思います。
みなさんこんにちは。

サイディングのシェアNO.1のニチハさんにて、毎年発表されています、NICHIHA SIDING AWARD2017の結果が出ました。

第34回「NICHIHA SIDING AWARD 2017」結果発表

同コンペは、ニチハ商品のサイディングや金属外装材を用いた物件を対象に応募された物件の中から、外観デザイン等に優れた作品に様々な賞が贈られます写真コンテストです。

毎年欠かさず拝見していますが・・・違った形で毎回感心されられる作品が多く、勉強になります・・・
みなさん明けましておめでとうございます。

那珂ハウジングでは本日が仕事始めとなります。
今年も色々な面から役立つ情報をブログで発信していけるように努めて参りたいと思いますので、宜しくお願い致します!
みなさんこんにちは。

那珂ハウジングは本日で仕事納めとなっております。
今年1年間ブログを見て頂きましてありがとうございました。

来年も、住宅を建てられる方に、少しでもタメになるような情報を発信していきたいと思います。
それでは、良いお年をお迎え下さい。
みなさんこんにちは。

本日 関連業者様よりGoogle Homeのプレゼントを頂きました!
Google Home
早速 接続等を済ませまして、無事 元気に質問にも応えてくれました・・・
那珂ハウジング事務所1階にて設置しておりますので、まだ触れたことのない方は まず「OK グーグル」と話しかけてみて下さい。

近い将来、このAIスピーカーを使って、照明やエアコン・シャッター等々を操作することが当たり前になっていくかもしれません・・・
みなさんこんにちは。

私事ではありますが、最近那珂ハウジングの建売物件に関して図面作成・申請業務等をさせて頂いておりまして、購入いただく方に少しでも満足いただけるようなプランを模索しております。

年始にかけても徐々に建売物件が着工していきますので、気軽にご見学して頂きたいのと、お知り合いの方へのご紹介の程宜しくお願い致します・・・
Google Home
みなさんこんにちは。

先日、関連業者さんとの会合で、今話題のGoogle Home(グーグルホーム)というGoogle社が販売している家庭向けスマートスピーカー(AIスピーカー)に初めて触れてきました。
この、スマートスピーカーは会話型AIが搭載されており(Googleアシスタント)、音声によって様々な機能を取り扱うことができます。
Google Homeでできることは、大きく4つあります。
①知りたいことを調べる
②音楽を聴く
③タスクをこなす手伝い
④スマートデバイスの操作

細かな説明は省きますが、④のスマートデバイスの操作で家電や住宅設備と連携により、照明のON・OFFやシャッターの開閉、玄関ドアの施解錠などなど・・・
様々な行ないが住宅のIOT化により可能になっていきます。

那珂ハウジングにも近々、Google Homeがやってくる予定なので、改めてご紹介していきたいと思います。
みなさんこんにちは。

新築時にオススメな、ちょっとした便利商品のご紹介です。


USBコンセント

上記は、パナソニックさんのUSBコンセントさんの画像です。

スマートフォンやタブレット端末などの普及により、USBケーブルを使用して充電される方も非常多いかと思います。このUSBコンセントであれば差し込み口に直接USBケーブルを接続して充電することが可能で、しかも電源アダプタを使用する必要もありません。

また、USBは世界中で幅広く使用されている国際規格なので、海外製の電子機器の充電も変圧器が不要です。

最近では、小型化されたUSBコンセントも出ているので、ちょっとした省スペース等に設けることもできるのでオススメです。



昨日のLIXILのIOTシステムについての投稿の続きです・・・

LIXILのIOTシステムについて、具体的な内容についてご紹介していきます。

 ●建材・設備・家電製品等の遠隔操作

家中の照明や家電製品・給湯設備・窓シャッターなどさまざまな設備を、スマートフォンアプリから遠隔で操作することができます。
外出先から消し忘れた照明やエアコンをオフにしたり、帰宅時間にあわせてお風呂を沸かしておくこともできます。また外出したあとに戸締りをしたかどうか不安になったときも、アプリからカギの開閉履歴をチェックし、遠隔操作で戸締りすることも可能です。


● センサや音声認識による自動制御

AIスピーカーによって、ご自宅のさまざまな設備を一括管理。出かける際に、AIスピーカーに一声かけるだけで、照明やエアコンをオフにしたり、シャッターを閉めたりすることも可能です。
また、玄関ドアの開閉との連動も可能なので、帰宅時に玄関ドアを開けると同時に照明が点灯するように設定することも可能です。


● 留守宅や実家の見守り/防犯

住宅内に設置した各種センサやカメラを一括管理することで、外出先からスマートフォンで自宅を見守ることができるようになります。
玄関に設置したIPカメラの人感センサにより、子どもの帰宅や不審者の侵入など、すぐさま動画付きメールで確認することができます。


● エネルギーや生活習慣の見える化

ガス・電気・水道の使用量で生活状況を把握できます。また、生活パターンを読み取って、おすすめの電力会社や電力プランをお知らせします。

LIXIL IOTシステム②

大手ビルダーさんでも、IOTシステムの商品化の話は聞きますが・・・
LIXILさん程に具体的なシステムは、まだ出ていないように思いますので今後の動向が非常に気になります。
みなさんこんにちは。

最近話題のAIスピーカーですが、住宅業界でも各社様々なIOTシステムが開発されつつありまして、今後の動向が非常に気になりますね。

また、ハウスメーカーだけでなく、住宅設備建材等のメーカーでもAIスピーカーと連携が可能な商品の発売も徐々に増えてきており、よりIOT住宅は身近になってくるかとも思われます。

その一つに、LIXILさんのシステムがありまして、2018年の4月に商品として発売される予定となっております。
そのシステムは、家電や建材、住宅設備機器などを操作・連携させる「ホームコントローラ」と、各種センサや、カメラ、AIスピーカーなどを操作・連携させる「リンクコントローラ」を、融合させたもので、住まいをトータルでIoT連携させる新しいシステムです。これにより、住宅内のさまざまな操作機器と各種センサが連携し、AIスピーカーやスマートフォンアプリによる一括管理・コントロールが可能となり、普段何気なく操作している玄関ドアの開閉、エアコンや照明を自動で連動させることが可能となり、これまでにない快適な住生活の可能性を広げます。


LIXIL IOT
みなさんこんにちは。

だいぶ世間にも浸透していますVRですが、建築業界でもCAD会社によって活用できるツールが増えてきております。
また、お施主様方には直接関わりのない内容ですが、VRを使って様々な工事現場災害・事故の事例を忠実に再現するものも発売されているようでして、住宅の工事に関わる職人さん達に向けての工事現場災害・事故への防止の意識向上に役立てる商品となっているようです。

那珂ハウジングでも、毎年 CS向上研修や安全大会等を行なっていますが、VRを使っての実習も有りかもしれません・・・
みなさんこんにちは。

建築雑誌の日経ホームビルダー記事で、毎年「採用したい建材・設備メーカーランキング」というのが発表されているのですが、2017年版が先日発表されまして少しご紹介していきたいと思います。

同ランキングは、工務店や住宅メーカーに勤める1000人以上からなるプロの意見を元に、33分野の点でランキング付されているものです。

2017年は、新たに「室内ドア」の分野が新設されまして、調査対象とした企業は17社に上っています。
栄えある第一位となったのは、LIXILさんです。その理由は「コスト」と「デザイン」を高く評価した声が多く、4月より発売されているインダストリアルデザインを特徴としたヴィンティアシリーズの意匠性・価格帯によるものと思います。

2位以下は、大建工業、ウッドワン、パナソニックと続いており、その年の流行も感じられるのも面白いですね。。

pagetop