再利用金メダル

再利用金メダル
2020年東京五輪・パラピンピックの金や銀メダルを使用済み

携帯電話や太陽光パネルの金属から作るとの事です。

携帯電話には1台平均0.03gの金が含まれているそうで、

金メダル1個を作るには、携帯電話200台が必要となる計算

です。

メダルの本体は、太陽光発電パネルなどから再生した銀で

作り、再生して生まれた金メッキを周囲に施し完成となります。

写真の試作品はキラキラ輝いていないように見えますが、今ま

でと遜色のない輝いた金メダルになるんでしょうね

金メダルも資源の再利用で作る時代になったんですね~