映画「フォルトゥナの瞳」

こんにちは、あんころ姉です。

一昨日、レイトショーで「フォルトゥナの瞳」を観てきました。
原作は百田尚樹さんの小説です。
百田さんの小説を読みあさった時期があり、その中の一冊が「フォルトゥナの瞳」でした。
原作を読んでから、映像を観るというパターンは何度かありましたが、いつも思うのは2,3時間にまとめて小説の世界観を表現するのは難しいということです。
こちらは、登場人物のイメージは出来上がっているし、結末も分かっているということで、初めて作品に触れる人とは多少感覚が違うのもしょうがないですね。
そうは言っても、感動しないはずがない!!
原作を読んだ時の感動が蘇り、やっぱり泣けました
次は東野圭吾さん原作の「パラレルワールド・ラブストーリー」を観に行く予定です。
もちろん!原作は読んでいるので、とても楽しみです。
まだ、原作を読んでいない方は映画を観てから読むと、映像とは違った感動があるのではないでしょうか。
是非、休日前夜は映画館へ行きましょう!!