20180925_075217-e1538204617209
こんにちは、あんころ姉です。 焼き芋の美味しい季節になりましたね。 サツマイモといえば、地元は乾燥芋が特産品なので、これから年末年始にかけてとても楽しみです。 さて、今の時期あちらこちらで“彼岸花”が満開となっていますね。 その名前から、皆さんは何を連想されますか? おそらく、お墓のイメージを持たれる方も多いのでは。 昔は火葬ではなく土葬が主流で、土の中で生活するモグラなどに遺体を荒らされることが多かったそうです。 その防止策として、毒性のある彼岸花を植え、寄せ付けないようにしていたんだとか。 毒は全ての部分にあるそうで、 特に多く含まれるのが「鱗茎(りんけい)」と呼ばれる球根だそうです。 触れた手で口に触れたり食べ物を食べたりしないように気をつけてくださいね。 ちなみに、赤い彼岸花の花言葉は 情熱・想うはあなた一人・再会・悲しい思い出 だそうです。 (左の画像は我が家の花壇に突然、出現した彼岸花です。球根を植えもしないのに・・・何故か??謎です・・・。)