飲めるごはん

今年は天災による大規模災害が続いています。ここで画期的な商品が開発・販売されました。JA北大阪が地元産のコメを使い開発した、缶入り飲料「飲めるごはん」です。ネーミングから加熱や加水は不要で、停電や断水の時でも、すぐ口にできるという商品。文面から飲用した感じは想像できませんが・・・
非常食としては「アルファ米」が扱われていますが、お湯か水が必要になります。
1缶245グラムで、味も数種類、そして5年の長期保存が可能ということですから今後の非常食の主流になりそうです。
できれば使用したくはありませんが、準備しておくことに越したことはない商品です。