東京オリンピックに向けてのインフラ整備・ITサービス

前回の東京リンピック(昭和39年)の時には首都圏の道路整備や新幹線の開通などの交通インフラの整備が主だったようです。
そして、2020年の東京オリンピックで普及される物や事に関してですが、まずテレビ。
4K対応テレビの画素数はフルハイビジョンの約4倍、さらに8Kテレビの場合、画素数は現行テレビの約16倍という圧倒的な画素数で大画面の臨場感を写し「スポーツ独特の臨場感」が表現されそうです。
続いて、IT関係。現行の通信回線、高速LTE/4G通信のエリア拡大制作から5G通信が可能となり、最大通信速度は現在の1000倍以上の高速回線となり消費電力を10倍以上抑えられるというメリットも生まれるそうです。それに伴って車・家電などとの通信サービスも充実してくることでしょう。
オリンピックというスポーツの祭典でありながら、取り巻く環境は著しく発展していきますね。