Iotトイレ

toilet_benza_shimeru
尿検査というと、病院で行うことが普通です。が、近い将来自宅のトイレでそれができてしまうというのです。便器のセンサーが成分データを収集し、管理・分析からその人の過去のデータと比較までできるとのこと。さらに、そのデータをスマホ等に通知し、必要であれば病院にも提供するというのです。
「トイレに行かない日はなく、本人が意識しなくてもデータが収集しやすい」といった点に着目したようです。
そこまでできる時代なのかと感心しました。
又、一方では首都圏でトイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」が開発されているそうです。
生活に必要不可欠なトイレ、様々な開発が進んでいるようです。