自動車関連の不正

日産自動車に続き、スバル自動車も資格のない従業員に車の出荷前の検査をさせていたことが明らかになりました。
今回の不正で25万台余りのリコールを届け出るとのことですので、その損失は大規模になるとみられます。
ことさら信頼の損失が大きいでしょう。国としても
運用はメーカー側に任せていて、検査に必要な資格の基準があいまいだといった点もあったようです。
自動車関連ですと、タカタのエアバッグ問題・フォルクスワーゲン社の検査改ざん、と大企業での不正が続出していますね。

自動車という輸送や移動の手段として、生活には欠かせないものですから安全性には検査に検査を重ねて市場に出荷して欲しいものです。