高級トースター

高級トースターブームというものが2015年から始まっていたそうです。
私の場合、
トースターといえば食パンを焼くぐらいでそんなに代わり映えしないものかなと思っていましたが、高級トースターだと「外はこんがり焼けて、カリッとした食感、中はふっくらと仕上がる」などと表現されています。

その加熱方法に違いがあるようです。
本体に少量の水をセットし、加熱時に庫内にスチームを充満させることで、食材の表面にスチームの膜を作って焼く仕組み。その仕組みで、外はカリカリに、中は水分をキープしたままふっくらと焼き上げるとのこと。パン以外の食べ物でもその技術は活かされるようです。
高級という位置づけは、その技術面での革新的な部分と金額面なんです。2万円超えですから。


そのおいしさのために金額が2万円以上との

の火付け役です。本体に少量の水をセットし、加熱時に庫内にスチームを充満させることで、食材の表面にスチームの膜を作って焼く仕組みを採用。水分は気体よりも早く加熱されるため、外はカリカリに、中の水分をキープしたままふっくらと焼き上げるのです