「サブスクリプション」型モデル

毎月、定額で動画視聴を無制限に楽しめるHulu、Netflix、Amazon プライム・ビデオ等のサービス、非常に便利ですよね。
データ量を気にせずに楽しめるのは大きなメリットです。
従来の売り切りから
継続課金型のビジネスモデル、専門用語で『サブスクリプション型ビジネス』と呼ばれています。
顧客との一度の取引で終わらせずに、継続的に取引をすることでその趣向や好みに合ったものをビッグデータとして構築できるため、その人に合った好みの物を供給
できるという大きな利点が生まれます。

最近では、「音楽」や「電子書籍」をはじめ、自動車、洋服、コスメ等の「非デジタル」商品にも取り入れられているようです。

消費者から見れば、モノを“所有”するのではなく、必要に応じて“利用”する消費スタイルへの転換になってきています。自動車までとは、さすがに驚きです。