水害の恐怖

台風19号の影響で自宅近くの久慈川が決壊し、生まれて初めての避難を経験してから
早くも2ヶ月が過ぎました。
真夜中に避難する際、道路に押し寄せる川の水には恐怖を感じました。
今まではニュースでしか見たことのなかった水害の光景を、目の当たりにしました。
幸い自宅は浸水を免れましたが、近所では床上浸水のお宅もあり又、道路はえぐられて
ガードレールは根こそぎなぎ倒されていましたから、水の勢いもすごいものがあったようです。
堤防の補強工事も終わりゴミ等は片付きましたが、道路の補修がまだ残っています。

今回の台風の爪痕は私の心にも深く残りました。