ブログ de 砂川

先日とあるスーパーの入り口で古紙やペットボトルのリサイクルでnanacoポイントがたまる、というのを知りました。

電子マネーというと、払うのに便利であり、買物するとポイントがたまる、といった概念しかなかったので驚きです。

ペットボトルで換算すると

ペットボトル250本 = 50円
ペットボトル5本 = 1円
ペットボトル1本 = 0.2円 
さすがに付くポイントは低いのですが、ポイントという付加価値をリサイクルと合わせるということには感心しました。

スマートウォッチで健康管理ができることは知っていましたが、この度画期的な商品が販売されました。

それは、スマートベルト「WELT」と呼ばれる物です。見た目は、革製の普通のベルトであるにも関わらず、食習慣や活動を記録できるというものです。ベルト内に組み込まれているセンサーが、以下の情報を測定します。

・ウエストサイズ・歩数・座っている時間・移動距離・消費カロリー

ベルトというと毎日スーツを着るような方でも違和感なく使えますし、着け忘れるということもまずないので目の付けどころとしては悪くないのかもしれません。

健康を意識するきっかけになるツール

にはなりますね。

アサヒ飲料はマイナス5度まで冷やせる自販機を提供するとのこと。自販機メーカーの富士電機と共同開発した模様。
通常、自動販売機の冷たい飲み物はおよそ5度位に保たれているんですが、それより10度も低いマイナス5度にまで冷やして販売できるようです。
氷点下で提供する商品は三ツ矢サイダーのみですが、冷やす時間がかかることなどから、
1日に提供できるのは40本まで。また販売時間は午前9時半~午後5時。いろいろと規制がありますが見かけたら買ってみたいですね。
コンビニの台頭で自販機の売上は減少傾向ですから、売り上げ確保の策のようです。
マイナス5度では、凍る寸前のシャリシャリとした食感が楽しめるようです。
手元に測るものが無い時におおよその長さを測りたい、そんなときに
身の回りにあるもので、簡単に測ることができるんです。
まず、一円玉。重さは1gで直径は2㎝。続いて
5円玉に空いている穴は直径5ミリ。
お札では
、千円札は長い辺がちょうど15センチ、1万円札は長い辺がちょうど16センチ。
あとは郵便はがき。長い辺が14㎝、短い辺は10㎝。
身近にあるもののサイズをいくつか知っておけば便利ですね。
私自身、千円札は結構使いますよ。
もっともスマホアプリでも長さを測るものはありますけど。
現代において一般的に使われている記号の「矢印⇒⇔」ですが、世界に広まったのは19世紀と言われています。面白いことに17~18世紀のヨーロッパ中世の書物では、今の「矢印」のような注意書きを加えたいときは、指を差した「リアルな手」を描くことが多かったとか。
当然すべて手書きでしたから個人の画力がものをいったようで、最初は意味不明なものとして受け入れれられなかったようです。
当たり前に使われている
「矢印」も当たり前になるまでには時間がかかったようです。
千葉県木更津市は、君津信用組合、木更津商工会議所と連携して、市内でのみ利用できる電子地域通貨を導入するそうです。スマートフォン(スマホ)のアプリを活用したシステムで、三月下旬から実証実験を始め、十月の本格導入を目指しているとのこと。
今回は金融機関(君津信用金庫)が連携することで預金獲得にも働きかけているようです。昨年は飛騨信用組合が岐阜県高山市で導入していることから、金融機関の連携が加速していきそうです。
そろそろ桜という時期ですが、水戸の偕楽園に行って来ました。平日にも関わらず駐車場も満車になるほどにぎわっていました。
とても久しぶりでしたが、こんなに広かったのかなと思えるほど歩きました。全体を見て回ったのは初めてで、きれいに咲き誇っていました。
せっかくなので、その後弘道館にも足をのばして"梅まつり”を堪能してまいりましたが、
特に観光客の中で目についたのが外国の方が多いことでしたね。
海外まで梅の名所として認知度が上がってきたのでしょうか。
気象庁は3月17日、東京都心で桜が開花したと発表しました。靖国神社の標本木で、平年より9日、昨年より4日早いとのことです。
気象庁では
開花、満開と発表するには定義があるようで、
「開花」は標本木で5〜6輪以上の花が開いた状態
「満開」は
標本木で80%以上のつぼみが開いた状態・・・だそうです。
いずれも目視で確認するんですね。
今年は3月に入って暖かい日が多くなってきたため、平年よりも早く咲きそうとの事。
因みに水戸の開花予想は3月25日で、満開は4月1日との予想。はたしてどうでしょうか。


コンビニの買ってから抽出するコーヒーは評判が良くて、今やコンビニを代表する商品になってますね。
これも各コンビニで色々な違いがあるようです。まずは容量ですが、セブンイレブン(Rサイズ)の150ml、ファミリーマート(Sサイズ)の155ml、ローソンは(Sサイズ)は160mlだとか。
各社とも価格やコーヒー自体の美味しさ、提供できる商品のバリエーションの豊富さなどでもしのぎを削っていますね。
そこで、そのローソンですが「より早く提供する」ことを目的に新型抽出マシーンを導入して約25秒で提供できるようにしたようです。他のコンビニは約40秒から45秒とのこと。容量が多いうえにより早く提供できるといった所を売り文句にしています。たかが25秒、されど25秒といった所でしょうか。
抽出時間の短縮化はどこまでお客様に受け入れられるのでしょう。

クレジットカードやスマホ決済などキャッシュレス化が進んでいる中、モバイル決済の先進国と言われる中国では、スマホ利用者の98%がモバイル決済を行っているそうです。専用アプリを導入することで、誰でもどんな店舗でも特別な審査なしに使用することが可能とのこと。
日本でも、クレジットカードや電子マネー、モバイル決済などのキャッシュレス化に必要なものが揃ってはいるようで
クレジットカード保有数は一人あたり2~3枚となっています。
しかし、日本ではあまりキャッシュレス化が進んでいないようです。利用内容は通販やETCカードなどの時だけクレジットカードを使用することが多いようです。一番身近にあるクレジットカードでさえ、その程度です。しかしながら電車利用者の使用するスイカ等のプリペイドカードは普及しつつあるそうです。
やはり安全性・信頼性にまだ問題があるのですかね。

前回の東京リンピック(昭和39年)の時には首都圏の道路整備や新幹線の開通などの交通インフラの整備が主だったようです。
そして、2020年の東京オリンピックで普及される物や事に関してですが、まずテレビ。
4K対応テレビの画素数はフルハイビジョンの約4倍、さらに8Kテレビの場合、画素数は現行テレビの約16倍という圧倒的な画素数で大画面の臨場感を写し「スポーツ独特の臨場感」が表現されそうです。
続いて、IT関係。現行の通信回線、高速LTE/4G通信のエリア拡大制作から5G通信が可能となり、最大通信速度は現在の1000倍以上の高速回線となり消費電力を10倍以上抑えられるというメリットも生まれるそうです。それに伴って車・家電などとの通信サービスも充実してくることでしょう。
オリンピックというスポーツの祭典でありながら、取り巻く環境は著しく発展していきますね。
東京は町田市の飲食店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどが協力し、電子レシートシステムを導入する検証実験を2月13日からはじめました。今まで買い物の内容を紙のレシートで渡していたものを、アプリをインストールしたスマホに"データ”で提供するものです。
購入者はデータで明細をもらえるので、家計簿や購買履歴等の活用ができる他、店舗も売れ筋商品の把握など様々な面でデータを生かせそうです。
怖いのは、やはりデータの流出でしょう。プライバシーの問題もありますから慎重に扱ってもらいたいですね。
スマホによるデータ管理がますます加速しそうです。紛失には今まで以上の注意が必要ですね。
 国内ネット通販の販売額が2017年に初めて百貨店の販売額を抜いたようです。今やネットで買えないものの方が少ないのが現状です。
 一方で、百貨店は訪日客による爆買いによって首都圏の販売は好調のようですが、地方の店舗は淘汰されています。ネット通販の拡大は続いており、小売り業最大のスーパーを脅かす存在になってきました。
 ネット通販のさらなる普及が見られる中、スーパーは共存(提携)を選んだようですね。共同で生鮮品や日用品を扱うネットスーパーなるものを立ち上げる様子。ネットと店舗の融合ですね。
ネット通販の急拡大のあおりで宅配問題が注視されていましたが、宅配便大手は値上げを進めているようです。
家に居ながらにして買い物ができるネット通販時代、今後ますます拍車がかかりそうです。


今月に入り、久しぶりに高熱が出るカゼをひいてしまいました。従来であれば買い薬と栄養剤で回復したのですが今年は回復できず、病院に「お世話」になりました。扁桃腺のはれです。
そして、まだ引きずっています。
熱は下がりましたが、のどのいがらっぽいのが治りません。こんなに長い期間マスクをつけているのも、きついものがあります。
インフルエンザではありませんでしたが今季の寒さと乾燥で、まいってしまったようです。
皆様もご注意ください。

1月31日夜、月が地球の影に隠れる「皆既月食」が日本各地で起きるそうです。日本で起きるのは平成27年4月以来3年ぶり。大気中のちりの影響でオレンジ色などさまざまな色の違いが出るそうで、31日午後9時前に地球の影がかかり始め、10時前には完全に隠れるとのこと。11時すぎに一部が輝きはじめて、2月1日午前0時すぎには満月に戻るようです。約3時間の自然の天体ショーをみてみましょうか。地域にもよりますが、時間はあくまでも目安です。
因みに、次回は2018年7月28日の明け方に皆既月食が見られるそうです。

pagetop