ブログ de 砂川

 国内ネット通販の販売額が2017年に初めて百貨店の販売額を抜いたようです。今やネットで買えないものの方が少ないのが現状です。
 一方で、百貨店は訪日客による爆買いによって首都圏の販売は好調のようですが、地方の店舗は淘汰されています。ネット通販の拡大は続いており、小売り業最大のスーパーを脅かす存在になってきました。
 ネット通販のさらなる普及が見られる中、スーパーは共存(提携)を選んだようですね。共同で生鮮品や日用品を扱うネットスーパーなるものを立ち上げる様子。ネットと店舗の融合ですね。
ネット通販の急拡大のあおりで宅配問題が注視されていましたが、宅配便大手は値上げを進めているようです。
家に居ながらにして買い物ができるネット通販時代、今後ますます拍車がかかりそうです。


今月に入り、久しぶりに高熱が出るカゼをひいてしまいました。従来であれば買い薬と栄養剤で回復したのですが今年は回復できず、病院に「お世話」になりました。扁桃腺のはれです。
そして、まだ引きずっています。
熱は下がりましたが、のどのいがらっぽいのが治りません。こんなに長い期間マスクをつけているのも、きついものがあります。
インフルエンザではありませんでしたが今季の寒さと乾燥で、まいってしまったようです。
皆様もご注意ください。

1月31日夜、月が地球の影に隠れる「皆既月食」が日本各地で起きるそうです。日本で起きるのは平成27年4月以来3年ぶり。大気中のちりの影響でオレンジ色などさまざまな色の違いが出るそうで、31日午後9時前に地球の影がかかり始め、10時前には完全に隠れるとのこと。11時すぎに一部が輝きはじめて、2月1日午前0時すぎには満月に戻るようです。約3時間の自然の天体ショーをみてみましょうか。地域にもよりますが、時間はあくまでも目安です。
因みに、次回は2018年7月28日の明け方に皆既月食が見られるそうです。

灯油の価格、値上がりしてますね。全国平均の18ℓ価格をちょっと調べてみると・・・
 昨年11月20日時点:1,484円 
   12月25日時点:1,520円 
そして、今年1月15日時点では1,551円と値上がりしています。やはり冬になると需要も高まり値上がりしています。
中身は同じ灯油でも地域によって価格差が発生してしまう理由としては、価格競争が激しいエリアの場合は必然と安売り価格になるため安価になり、逆に輸送コストのかかる離島などは高い価格になる傾向があるようです。

地域差がありますが、茨城県はガソリン、灯油とも全国平均よりは安い傾向にあるようです。
雪道の対策として、以前スパイクタイヤというものがありました、タイヤのトレッド面に鋲を打ち付けたタイヤです。現在は北欧などの寒冷地帯を除いて世界的に使用が禁止されつつあり、日本においては1990年タイヤ粉じんの発生が問題となり例外を除き正式に公道上での使用が禁止されました。
現在では、スタッドレスタイヤが一般的となってますね。材質が柔らかいゴムによる性能特性でアイス路面、雪路でもしっかりとグリップ効果を発揮します。最近では低燃費走行といった性能向上も図られています。
先日の大雪の日もノーマルタイヤで身動きが取れなくなったり、車を乗り捨てた方が多かったために各地で大渋滞となる社会問題にもなりました。タイヤを装備しても急がつく運転は事故を誘発します。
雪の日、できれば運転しないのが一番ですね。


毎日のように最低気温が更新されています。強い寒気が流れ込んだ影響で、ここ数日は今季最も厳しい冷え込みとなっていますね。
そのおかげ(?)というのも何ですが、各地で普段は見られない
雪や氷の幻想的な光景が繰り広げられているようです。"袋田の滝”も27日現在で95%の凍結だそうです。
北海道の阿寒湖ではフロストフラワーと
呼ばれる「冬にしか咲かない花」がみられます。
フロストフラワーとは「霜の花」「冬の華」とも言われ、マイナス15℃前後以下の真冬限定で湖に張った氷の結晶が花のように見えることから名付けられた自然の芸術です。
寒さと引き換えの景色、見応えはありそうです。

 22日の大雪は首都圏をはじめ、鉄道やバスなど公共交通機関にも大きな影響がでましたね。
私も帰宅に3時間ほどかかりました。帰宅時の道路は降雪と凍結でノロノロ運転となり、所々でスタックしてしまった車で大渋滞となりました。雪道の運転には慣れていないこともあり、冷や冷やしながら、それでも何とか家にたどり着きました。
 翌朝、思っていた通り駐車場から車が動かせません。昨夜駐車した時点で動かせませんでしたから。早速雪かきをして、雪がとけるのを待ちました。雪国の方々の苦労が身に染みました。

2018年が幕を明けました。今年は世界的なスポーツの祭典が目白押しですね。

2月には韓国 平昌で冬季オリンピック開催、3月には同じ
韓国 平昌で冬季パラリンピック開催。
6月にはFIFAワールドカップ ロシア大会と続きます。(
FIFA女子ワールドカップは2019年開催
日本勢の活躍を期待したいところですね。世界各国参加の催しですから盛り上がるでしょう。
テレビやグッズの売上で消費額も上がりそうです。




年末年始ともなると、独特の雰囲気がありますね。
年末、街には人の出が多くなんとなく慌ただしさも感じられます。どことなく浮かれた感じにもなりますね。

年始には初詣に新年会と
飲む・食べる機会が多いからでしょうか。
そして、連休でもありますから、つい浮ついた気持ちになるのでしょうね。
普段では味わえない雰囲気、年に一度だけですから楽しみたいと思います。
油断して体調を崩したり、事故を起こさないように注意も必要ですね。
年末にもなると大掃除を行う時期でもあります。
大がつくだけあった普段できないような所まで手を広げて始まりますが、来年に回ってしまう所も多々あります。


大掃除の由来は平安時代かららしいです。
1年間に溜まった「穢れ(けがれ)」や「煤(すす)」を払い、新年に向けて神様を迎える宮中行事とのこと。

どうしても、大掃除というと「やらされ感」は否めませんね。

新年をすっきり新たな気持ちで迎える行事なので、誠心誠意掃除するべきですね。
身も心もきれいにするように。
ついに無人空港が開設されました。場所は、シンガポール・チャンギ国際空港。あまり聞きなれない空港名ですが、世界有数のハブ空港として知られているとのこと。
年間旅客数で6000万人を超えたことを発表されており、日本の成田空港は旅客数が約3900万人、羽田空港は8000万人ですが、大半が国内線で国際線は1500万人程度。その利用者数からもアジアのハブ空港として重要な位置づけになっていることがわかります。
当然、航空会社の搭乗手続き(チェックイン)や手荷物預けは乗客自らが機械で行うわけです。

その規模の空港がほぼ無人化になり、機械化で従来の煩雑な手続きをカバーしているというのですから驚きました。スムーズに出国手続きまで簡単な操作で進められれば時間短縮になり、ますます多くの利用者に対応できていけるかなと思います。あの行列はいい感じがしませんから。

e1df088d1cf61d486f08521fdc44c9a0
『下取り』というと自動車が思い浮かびますが、今では販売店が家電品はもとより衣類や靴まで下取ってくれるんですね。下取りをした際に現金で買取ではなく、お店で使える優待券や割引券を提供することで、来店購買に結びつけようという狙いなんです。
リサイクル店への持ち込みやオークションなどの場合、品物の劣化や人気に応じて査定されるので受け取る金額がまちまちですが、下取りだと金額が決められた額になることが多いですね。
リサイクルの一環としても良いサービスだなと思います。
当初は、リニアモーターカーと呼ばれ “夢の乗り物” として私が幼少時代から実験・開発されてきたものです。研究が始まったのは1962年からで、将来的には時速500km/hで東京~大阪間を約67分で結ぶそうです。
開業予定は、品川~名古屋間が2027年(あと10年!)、品川~大阪間が2045年(あと28年!!)を予定との事。
原理は磁力で車両を浮上させて・・・・・と難しそうなので割愛します。
又、現在では山梨県で体験乗車が実施されています(平成29年は終了したようです)。

そして今、その工事が問題となって話題に上っています。大手ゼネコンによる談合です。大規模工事に関しての談合は、その昔から報道されていましたが長期に渡って開発を進めてきた『夢の乗り物』の今後に、水を差すようなことがなければ良いのですが。
83cace2ec3fe220bce97980745193428
今年も、平成30年の会社カレンダーの配布を行いました。そういう時期なんだな、と年の瀬を感じられます。
事務職でいると直接お客様との関わりがないので、お客様と接する貴重な機会です。
突然の訪問ですのでお留守のお宅も多いのですが、在宅のお客様にお会いできたときは一言ご挨拶できるのでありがたく感じます。
又、この時期は逆に取引先からカレンダーを頂く時期でもあります。多種多様なカレンダーを頂きますので、使うのを選ぶ楽しみもありますね。

コンビニのファミリーマートが2018年からの新規事業参入サービスを立て続けに発表しました。
コインランドリーサービス事業とフィットネス事業への参入で、どちらも24時間空いていると便利なところですね。

フィットネス事業に関しては、健康志向が高まる現在、加盟店の事業拡大にも拍車をかけることができそうです。
又、コインランドリー事業では、日中洗濯ができない人や、週末にまとめて洗濯する人、洗濯物を屋外に干せない・・・などの理由から利用客は見込めそう。
店舗内にはイートインスペースが設置されていますので、待っている間の飲食品売上などプラスαの売上も期待できそうです。
今後はどの様な事業に参入していくのか、コンビニ事業の多角化に期待したいところです。
まずは首都圏からの展開となるようです。はたして地方での展開はいつになるやら。



pagetop